ピーリング剤の選び方

CA CELEB BEAUTY はお客様の悩みに応じたピーリング剤を提案します。

小皺や、皮膚の滑らかさの改善などのお悩みについて、下記に効果と各種のピーリング剤の特徴をまとめましたので、お客様のピーリング剤の選択にお役立てください。

なお、処方のマイルドなものから順に記載しています。(効果は下記に限られません。

 

1.乳酸ピーリング:(効果)日光角化症、くま、乾燥肌、肝斑 、乾癬、ニキビ跡、敏感肌、妊娠線、日光ダメージ、日焼け、肌質やくすみの改善 

(→フルーツ酸ピーリングの一種。表皮まで有効。厚くなった角質を取り除き、新陳代謝を高める。ただし、効果は一時的なものにとどまる。)

 

2.グリコール酸ピーリング:(効果)湿疹、小皺、カミソリ負け、妊娠線、日焼け、肌質やくすみの改善

(→フルーツ酸ピーリングの一種。表皮まで有効。厚くなった角質を取り除き、新陳代謝を高める。ただし、効果は一時的なものにとどまる。)

 

3.サルチル酸マクログリコール: (効果)にきび、肌の老化、毛穴、黒い角栓、オイルスキン、乾癬、いぼ

(→サルチル酸をマクロゴールという基材に溶かした新しいピーリング。炎症もおこりにくく、安全性が高い。また血中への吸収もなく全身的な副作用の心配もなく、真皮のコラーゲンの再生が促されるため、皮膚が柔らかさと弾力を取り戻す

 

4.サルチル酸ピーリング:(効果)にきび、ニキビ跡、毛穴、黒い角栓、オイルスキン、 肝斑、カミソリ負け、乾癬、いぼ

(→効果は高いが、ピーリング後の痛み、刺激、炎症などが強く、ダウンタイムが大きい)

 

5.TCAピーリング:(効果)にきび、ニキビ跡、毛穴、黒い角栓、オイルスキン、 肝斑、カミソリ負け、乾癬、いぼ 

(→TCAは、ダウンタイムはあるが、薬剤が真皮まで到達し、濃度によってかなり深いピーリングが可能

 

6.その他(ピーリング剤以外)

ハイドロキノン(美白剤):(効果)ニキビ跡、日光角化症、オイルスキン、肝斑、毛穴